日本復興の光大賞の特別賞を受賞しました

明治時代に和歌山県沖で座礁したトルコの軍艦エルトゥールル号の乗組員を救出した恩返しに、15年に「日本復興の光大賞」を創設した日本トルコ文化交流協会から、大賞は逃しましたが「特別賞」を受賞しました。

「復興のため地道に尽力している民間団体の中から特に優れた団体を選び、その活動や想いを世に広め、さらなる日本・トルコの友好関係発展を願うもの」とのことです。審査委員長は、ジャーナリストの池上彰氏、審査委員に女優の宮本信子氏、東京大学大学院法学政治学研究科教授の藤原帰一氏、立命館大学衣笠総合研究機構准教授の開沼博氏、特定非営利活動法人日本トルコ文化交流会理事長のアルバイ・ヌーレッティン氏。後援は、岩手県、宮城県、福島県、岩手日報社、河北新報社、福島民報社、福島民友新聞社、めんこいテレビ。