杭3-3 ど根性ポプラ

ど根性ポプラ1

ど根性ポプラ1

かつては、酒屋さんの垣根でした。大津波に耐え、元気に生きている姿にみんな勇気づけられ、このポプラを残そうと活動した結果、廻りを買い上げて公園にすることになりました。まちづくり委員会では「ど根性ポプラ」と名付けました。

大きな写真をタップすると説明文が表示されます