​野々田アパート(災害公営住宅)

被災した土地に盛土され、2016年に市営の災害公営住宅ができました。現在は被災した50世帯が仮設住宅などから移転して住まわれています。

 

大船渡では野々田アパートの隣を走るJR線(BRT)より山側は居住できますが、海側は商業地域として居住できない地域に制定しました。